無垢のダイニングテーブルの汚れをとる

我が家のダイニングテーブル。
5年ほど前に、目黒通りにある家具屋「brunch:branch(ブランチブランチ)」で買いました。

インテリアショップを巡りに巡り、ようやく見つけた時は
辻仁成さんじゃないけど「やっと会えたね」と、素直に思いました(笑)

とにかく溺愛しています。

無垢材の魅力は、木本来の質感、風合いが楽しめるところ。
年月とともに色合いに深みが増してくるのも愛すべき魅力です。

しかーし! 塗装が無いため、ダメージを受けやすいのも事実。
現に、我が家のテーブルにもコップの水跡をはじめ、シミ、油汚れがちょこちょこあります。。。

木の板をラフに合わせた天板部分。
一番気に入っているパーツなのに、ひどい有様です(涙)

【油汚れ、白い輪染み】
P1540613.jpg

【油汚れ、コップの水跡】
P1540614.jpg
ブログ用に購入したモノなどをテーブルの上で撮影する際、汚れが気になって、気になって……。
先日ようやく重い腰をあげて、メンテナンスしました!

用意したのは、こちら。
P1540624.jpg
紙やすり(400番と240番)、木工用みつろうクリーム

【プレ準備】紙やすりをハサミで4等分にカットする。
P1540639.jpg
手の平大くらいが使いやすいです。それぞれ、3〜4枚あると◎

【①】まずは目の荒い方のやすり(=240番)で、傷や汚れの目立つ部分を整えていく。

くっきりと付いてしまった、コップの水跡が。。。
P1540643.jpg

木目に沿って、やすりをかけると。。。
P1540645.jpg

見事復活。なくなった〜!
P1540644.jpg
この調子で、気になる汚れを整えていきます。
合い言葉は木目に沿って、ガシ、ガシ!

【③】目の細かいやすり(=400番)で、全体を仕上げ直す。
アフター(ワックス前)

【④】やすりがけで出た、木の粉をウエスで拭き取る。

【⑤】色の付いていない白い布で、みつろうクリームを全体に塗る。
ワックス後

【⑥】最後に、ウエスで拭き取る。24時間乾燥させる。

努力の成果をビフォー、アフターの写真で比較してみまーす♪
加工
え!? たいして変わっていない(´・_・`)?
写真で見ると、いまいち変わっていないように見えますが
肉眼だと、その差は歴然(……と思いたい)です!

翌日、二の腕が筋肉痛になったけど(ノ_<)
汚れも落ちた事だし、美しいツヤも戻ったので、やってよかった!

それに手をかけることで、ますますお気に入り度がアップしたような。
やすりを黙々とかける時、無心になれたので、ストレス発散にもよさそう(笑)

定期的にメンテナンスしよう、と心に決めたのでありました。


へっぽこな私ですが……。応援の1クリックをお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ


コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

プロフィール

平田桃子

平田桃子

女性誌ライター。編集プロダクション「verb」所属。
結婚を機に徹夜三昧の日々と決別。それまでおざなりにしていた「暮らし」にようやく目覚め、コツコツお片付けに励んでいます。

ご質問などありましたら、お気軽にメールください♪

Mail

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

訪問者数